Home 製品情報 耐圧防爆システム 液体充填機 18L缶全自動充填機
TFM-30AP 18L缶全自動充填装置  
 
写真はTFM-30APX(耐圧防爆型)

    特徴
 
    主仕様
コンパクト設計により、省スペースで空缶搬入からパレタイズまでを行えます。

  完全防爆仕様
他社製にはない完全防爆仕様での対応が可能で、危険場所に全ての機器が設置可能です。
本質安全仕様のように、バリヤを収納した制御盤を安全場所に置く必要がなく、危険場所で電源とエアを供給して頂くだけなので、安全場所までの配線配管工事が不要となり、コストの削減が可能です。
  自社製制御ユニット
弊社では、メカの設計製作・システム設計からソフト製作まで自社で一貫して行っております。
制御部は耐圧防爆型PLC(※)を使用しており、様々な動作制御、データ収集等が可能で、他のシステム機器との連携も容易です。
※三菱製PLCを防爆容器に内蔵し、弊社にて労検を取得した製品です。
型式 TFM-30AP(X)
秤量 30s 
目量 0.01s
 能力 100缶/h (※1)
 精度 ±0.1% (※2)
 充填ノズル  エア駆動式シリンダバルブ
充填液供給圧力 最大0.4MPa
エアー源  0.4MPa 〜 0.5MPa
(70Nl/min)
電源   AC100V・100VA
重量  約2500kg

※1 充填液供給量、ご要求の充填精度により異なります。
※2 充填量20sに対しての精度となります。
さらに高精度をお求め場合は御相談ください。

    主要機器仕様

  @デパレタイザー  缶供給方式
空缶カーゴドッキング式
人手により装置に接続した専用の空缶カーゴから、装置上へ空缶を自動供給します。
※コンベヤ搬入式等、その他方式の対応可能です。
 空缶カーゴストック数
最大72缶(6缶×3列×4段)
※缶数変更可能です。詳しくはお問い合わせください。
缶キャッチ方式
負圧吸着式
負圧により空缶を吸着して、搬入用アキュームコンベヤ上に供給します。
昇降動作及び水平移動動作:エアシリンダ駆動式
  Aアンキャッパー 
負圧吸着式
負圧により保護キャップを吸着して取り外し、同時に口位置が正常であるかの検出を行います。
  B充填機   計量部
シングルポイントロードセル式
秤量/目量:30kg/0.01kg 
充填ノズル
エア駆動式シンリンダバルブ(2段投入式)
接液部材質:SUS304(パッキン:テフロン)
付属装置:自動タレ受け装置
※ロングノズル式、多数ヘッド式等への対応も可能です。詳しくはお問合せください。
  Cチェック秤 
シングルポイントロードセル式
秤量/目量:30kg/0.01kg 
  Dキャッパー   動作方式 
エアモータ駆動式選別コンベヤ
エアシンリダ駆動式キャッパー
※キャップ供給方式をマガジン式に変更可能です。
対応キャップ
金属製クラウンキャップ
ホッパープール数
約300個
  Eラベラー   動作方式 
オールエア駆動式
貼り付け後、ファイバーセンサーにより、貼り付けの良否をチェック。
貼り付け方式
通過貼り付け型
側面貼り付け縦型タックラベル1種専用(ロールタイプ) 
※負圧吸着プッシュ貼り付け式への変更も可能です。
貼り付け能力
300缶/h
  F再キャッパー
キャップが正常に取り付けられているかをチェックすると同時にキャップの再押し込みを行います。
  Gパレタイザー  缶キャッチ方式 
負圧吸着式
負圧により充缶を吸着して、パレットに積み付けます。
昇降動作:モータ駆動チェーン巻き上げ式
水平移動:エアシリンダ駆動式
積み付けパターン
5缶×5缶×3段積み
※缶数及び段数変更可能です。詳しくはお問い合わせください。

    ダウンロード
 液体充填機カタログ