(JA様サイトへ)
 
納入時期   平成21年11月
納入場所   長崎県島原市大手原町
 JA島原雲仙 大根選果場様は、雄大な普賢岳を間近に望む島原市内にあります。すぐ近くの島原市内には五層の白亜の天守閣が、青い空によく映える美しい島原城があります。場内には天草四郎の像などもあり、観光名所となっています。
 畑作地帯は年間を通じて温暖な気候で、湧水を利用した畑地灌漑が整備された肥沃な土壌は大根や人参栽培の好適地となっています。

 本システムは「ヤンマーグリーンシステム(株)」様のプラントの一部として納入させて頂きました。
 サーバー及び事務管理パソコンは選果場から道路を隔てた事務所に設置されています。落雷などの被害を受けないようにネットワークは光ファイバーを使用しています。 
 サーバーは水冷された静音タイプのものを使用しています。
 生産者が大型コンテナ(ラック)に大根を入れて選果場に着いたら、まず荷受け室で荷受け作業を行います。荷受け入力を行うと、荷受伝票とラック用伝票が発行されます。
 荷受伝票は生産者が持ち帰り、ラック伝票は大型コンテナ(ラック)に入れます。

 選果する荷口の入力もこの荷受けパソコンで行います。

 選果は4系統の選果機で行われます。それぞれの選果機への大根の投入はダンパー兼洗浄機にラックをセットして行われます。ラック伝票を荷受室に持参し荷受パソコンでバーコードを読ませることにより選果が開始されます。4系統のダンパーにはそれぞれパソコンシステムと連携を取るためにマイクロコンピュータを内蔵した「現場接続盤」を設置し、アークネットにより荷受けパソコンに接続しています。
 選果作業は洗浄、葉切り、根切り、等階級選別と順次行われていきますが、その各段階でデータ処理との同期を行うために、荷替りタイミングをパトライトで通知し、オペレータが押しボタンにより荷替りを確認する確実な選果が行われるシステムとなっています。
 評価パソコンは選果場内のコンピュータ室に、設置されています。評価データは等階級仕分け用カメラ装置(ニレコ殿設置)からの実績本数データにより作成し、事務所のサーバーに荷口別データが蓄積されます。
 評価データは4系統の選果機毎に、それぞれ作成することができます。
 コンピュータ室まで行かなくても、選果作業をしながら評価状況を確認するために、選果機の近辺に評価状況モニターを設置しています。
ページ先頭へ