選果システム → 納入事例 → JAおきなわ 為又集荷場様
 
(JA様ページへ) 
納入時期   平成23年10月
納入場所 沖縄県名護市為又
 シークヮーサーは沖縄を中心に原生し、栽培されている小ぶりの柑橘で、近年その栄養価と薬効により全国的に消費されるようになってきました。
 ビタミンC,ビタミンB1,カロチン,各種ミネラルなどの他に、ノビレチンという薬効成分ががん細胞の増殖を抑える働きがあるほか、血圧や血糖値を下げる働きがあることがわかってきたそうです。シークワーサーが沖縄の人々の長寿の秘密かもしれませんね。

 本評価システムは「白柳式撰果機株式会社」様のプラントの一部として、データ処理装置・各種計量器を納入させて頂きました。
  コンテナスケール
 選果作業は始めに、コンテナスケールにより荷受データ入力と、荷口合計重量の計量を行います。
 生産者コード、品種、箱数などの所定のデータを入力し、計量を開始すると、入力された箱数の計量が行われ停止します。計量データは管理パソコンに転送され、荷口データが作成されます。
  一次選別台 ホッパースケール、手動計量器
 一次選別台で選別された腐敗果実は手動計量器上に置かれたコンテナに入れて計量します。
又、小玉は小玉抜きにて抜き取られホッパースケールで自動的に計量されます。各計量器はアークネットで、管理パソコンと接続されています。荷口の切り替り時点で、各計量器で集計された荷口別出来高重量が管理パソコンにより読み込まれます。
 二次選別台 ホッパースケール
 処理機を通過して洗浄・乾燥された果実は、二次選別台に搬送されます。ここでは2級品の選別が行われ、選別された果実はホッパースケールにより、計量されます。スケールはアークネットで管理パソコンに接続され、荷口の切り替り時点で出来高重量が読み込まれます。
 選果機 自動秤量機
 洗浄・選別された果実は、最終的に自動秤量機により段ボール箱又はコンテナに所定の重量で箱詰めされます。計量器は2段計量の制御と出来高重量の集計を行います。荷口の切り替り時点で、管理パソコンにより出来高重量が読み込まれます。定量重量、小出し重量などの設定値は管理パソコンで設定した値が転送されます。
  事務所 管理PC
 管理パソコンは事務所に設置され、アークネットにより、各種計量器と接続されています。各種計量器の出来高重量を荷口別に集計して評価データが作成されます。
 マスターメンテナンス、評価データの編集や各種帳票の印刷が行えます。
  選果場風景
ページ先頭へ