選果システム → 納入事例 → JA香川県 三豊選果場様
JA香川県 三豊選果場
 
納入時期 平成24年4月
納入場所 香川県観音寺市
平成24年4月に「白柳式撰果機(株)」様により、既設選果機の整備改造工事が行われ、弊社の玉葱選果システムをご採用いただきました。納入設備の概要をご紹介します。

設備のご紹介
CPU室 管理PC
ハンディ端末の荷受けデータの吸上げ、荷受・評価データの入力・編集・関連帳票の印刷。各種データベースファイルの管理・記憶。各種マスターメンテナンスなどを行います。

CPU室 評価PC
自動秤量機・ホッパースケール・荷替り表示器とアークネットにより接続され、出来高評価を実行します。出来高評価の荷口管理は、搬送コンベアに取付けられたエンコーダーの速度パルスや等により移動状況に応じて荷口切替えします。


コンテナスケール PC
 荷口先頭コンテナに付けられた荷受伝票をバーコードで読ませることにより、荷受けデーターを呼び出し、1荷口の計量を行います。タッチパネルにより指摘事項・格落ちなどの評価データーが入力できます。

コンテナスケール
荷口先頭コンテナーに付けられた伝票をホルダーの反射板を検出し停止します。PCの制御により、所定のコンテナ数を計量し荷口重量を計量します。


自動秤量機
 既設改造6台、新設2台の自動秤量機により、計量・箱詰めを行います。指示計は全てアークネットにより接続され、定量・定量前などの設定値はもよりのPCから一括で変更できます。

荷替り表示器
 選別台付近に設置され、現在通過中の荷口の番号、たまり荷口数などを表示します。又、荷替り時にはパトライトを鳴らし、作業員に報知します。


ホッパースケール
小玉、格外、腐敗、2級品の重量を測定します。コンベアで搬送される玉葱をホッパーに受けて計量し、荷口毎の出来高重量を測定し、評価パソコンに転送します。