選果システム → 納入事例 → JA伊万里 様
伊万里玉葱
   
初回納入時期 平成7年6月
更新時期  平成24年3月 
納入場所 佐賀県伊万里市
 平成7年6月に納入した玉葱選果システムを、平成24年3月の整備に合わせてリニューアルさせて頂きました。選果機本体は「白柳式撰果機(株)」様により納入整備されました。

設備のご紹介

選果場事務所
荷受けデータ入力、選果データ編集・訂正、各種帳票管理を行う総合パソコンと評価データを収集する評価パソコンを事務所内に設置しています。

自動秤量機
6台の自動秤量機によりそれぞれの階級の出来高重量を荷口別に累加算します。事務所の評価パソコンとアークネットにより接続され、パソコンからの指示により出来高重量を転送します。


半自動秤量機
 選別された優品の箱詰めを半自動で行います。自動秤量機同様に評価パソコンにアークネットで接続され、荷口毎の出来高重量を収集し、転送します。

ホッパースケール
小玉、格外、腐敗、2級品の重量を測定します。コンベアで搬送される玉葱をホッパーに受けて計量し、荷口毎の出来高重量を測定し、評価パソコンに転送します。


検量秤
 箱詰めされた製品の重量を検査します。あらかじめ設定された上下限重量の範囲内に入らなければ、払出しを行い、人手により修正を行います。上下限値は評価パソコンからの通信により設定されます。

荷替り表示器
 選別台付近に設置され、現在通過中の荷口の番号、たまり荷口数などを表示します。又、荷替り時にはパトライトを鳴らし、作業員に報知します。


荷受け計量機
 大型コンテナにより荷口を計量し、選果機に玉葱を投入します。あらかじめ荷受けされた荷受け番号を入力することにより、計量が行われます。
半自動秤量機
 半自動秤量機は、段ボール箱をセットし、所定の重量になると、コンベアが停止しランプが点灯します。微調整は人手により行います。
自動秤量機
 自動秤量機では、全て自動で計量され、製品段ボールは捺印されて出てきます。