(JA様サイトへ)
納入時期 平成21年8月
納入場所 福岡県朝倉市大庭
 いちじくは昔から薬草としても用いられてきたそうです。果実の中のつぶつぶ(実はこれが花だそうです)にはペクチン(水溶性植物繊維)がたっぷり含まれていますので、腸の働きを活発にし、美容と健康に最適です。こちらで生産される「とよみつひめ」という品種は糖度が17度以上もあり、とても美味しいそうです。

 弊社は「ヤンマーグリーンシステム」様にて納入された「いちじく選別施設」のデータ処理システム部を担当させて頂きました。

 弊社の「分太U」5台を設置しています。
コンベアは等級選別のために「赤バケット」と「青バケット」が交互に配置された構造となっています。果実がセンサーの下を通過するときに、弊社計数機にて等級と階級を読み取り、室外に置かれた管理パソコンに送り評価データとして集計します。
 選別作業は低温室の中で行われるので、管理パソコンは結露を防止するため室外に設置しています。防塵ラック内にパソコン本体・計数器・プリンターなどを設置しています。選果時の入力は室内のコンソールにより行います。
ページ先頭へ