Home 製品情報 一般産業用システム 粉体充填機 TFシリーズ
TFシリーズ 半自動フレコン充填装置  
     
TF-1500P   TF-1500H
    特徴・主仕様
■特徴
大きく分けて、デジタルスケールの上に投入装置を搭載したタイプ(TF-1500P)、外側の架台にブランコ状に計量部を吊るしたタイプ(TF-1500H)がございます。
吊り下げタイプはカットゲートを装置側に固定できるので、移動式で使用する場合に便利です。
■主仕様
型式 TF-1500P TF-1500H
計量方式 4点マルチロードセル
台秤タイプ
4点マルチロードセル
吊り下げタイプ
秤量 1500kg
付属装置 切り出し エア駆動式カットゲート(2段投入式)
投入シュート チェーン駆動昇降式
(二重管構造・集塵フード付)
袋クランプ インフレートホース式クランプ
肩紐フック エア駆動式クランプ(自動解除型)
袋膨らまし 電動式ブロア
搬送 エア駆動式払い出しテーブル
/スラットコンベヤ/他
※上記は一例です。その他のご要望に応じて設計製作が可能です。
 
■動作の流れ
※昇降シュート、エアボール、搬出装置付きの場合
人手作業 自動処理
袋口をシュートにセット
肩紐をクランプのフックにかける
「インフレートホースオン」操作
エアボール膨張
「充填開始」操作
シュート位置が上昇
風袋引き
ブロア作動により袋膨らまし
カットゲートが全開となり投入開始
定量前でゲートが半開になり小投入
定量にてゲートが閉止し充填完了
肩紐クランプのフック解除
袋の払い出し
フォークリフト等で袋を搬出
シュートが初期位置に下降

    昇降式シュート
 
上昇時
 
下降時
重量がある袋や硬い袋に充填する際、下降して袋のセットを容易にする2段階昇降タイプ、高さが異なる袋を充填する為の初期位置変更や、偏りを防止する為の充填中上昇が可能な多段階昇降タイプがございます。
ジャバラ部への粉の飛散を防止する為、内部は二重管構造になっております。
また、ローコストな固定式シュートもございます。


    搬送部
 
スラットコンベヤ
シリンダ押し出し式
角パイプを組み合わせたキャタピラ状のコンベヤです。重量物の搬送にも耐え、上面がフラットなので、上での作業の安全性も確保できます。台秤タイプの充填機に使用が可能です。
エアシリンダにより袋が載ったパレットを前に押し出します。袋が半分前に出る事により、フォークリフト等での取り出しを容易にします。シンプルで軽量な為、吊下げ式にも搭載可能です。


    袋口クランプ部
 
エアボール
手動クランプ
投入口全周貼り付けられたゴムホースが、エア投入により膨張する事で袋口をシールします。膨張幅が直径で約100mmなので、袋口のサイズが制限されますが、気密性が高く、簡単で確実なシールが行えます。
半円形のクランプを両側から押さえ付ける事で袋口をシールします。口サイズの異なる袋にある程度対応が可能なので、取り扱う袋の種類が多い場合等に適しています。


    ダウンロード
 フレコン充填装置 カタログ