Home 製品情報 農業用システム 画像処理装置 画像処理腐敗検出装置
UVeye 画像処理腐敗検出装置  


    特徴
 
    主仕様
  画像処理による腐敗果検出を実現!
果実の傷や腐敗部位で生成されるフラボノイド類が紫外線に反応して発生する蛍光を画像処理することにより検査。
カラーグレーダーや手選別では発見するのが困難だった果実の生傷・腐敗・その他傷害のある果実を確実に選別。
果実の搬送には果実の全周検査を可能にするワイヤーフレーム構造のセレクトコンベヤ(当社商品名:スケルトンコンベヤ)を採用。
型   式 UVeye
画像処理 DOS/Vパソコンによる
処理能力 5個/秒
コンベア速度 最大60m/min
選別方式 スケルトンコンベア
落し口数 1 〜 5 ヶ所
装置寸法 600W x 3200L x 1800H
オプション ウチミ検出装置

▼腐敗果実 ▼腐敗検出画像